Latest Publications

寮住まいで固定回線が引けない場合

インターネットをするのに固定回線を引こうと思っても出来ないケースがあります。
例えば、住んでいる場所が寮だったりして、固定回線が引けない場合もあります。
それでも、インターネットをしたいということであれば、選択肢としては無線通信ということになります。
最近、よくきくワイマックスなどもそうしたものです。

wimaxキャンペーンについて

これを利用すれば、簡単に自宅でインターネットが出来るようになります。
住んでいる場所により差はありますが、スピード的にも固定回線とさほど差が無くなってきているようです。

看護師の専門性

女性の専門職の代表格が教師、保母、そして今回取り上げる看護師のこの3つです。
看護師は保母と比較しても高い専門性と、責任が要求されるので、大変やりがいのある仕事です。
ただし、夜勤が多く、勤務が不規則な場合も多いため、転職率が高い職業でもあります。
特に結婚して、子供が生まれると、子供の世話を最終的には女性が見るケースが多いため、夜勤は無理という方が増えます。
ですから、結婚後は労働時間がフレキシブルな派遣やパートを選ばれる方が多いのです。子供が小さいうちは、派遣。
子供が高校生など、ある程度大きくなったら正社員に戻ると良いでしょう。

テニスの楽しみ

テニスは、伝統ある球技です。
また、老若男女、誰でも楽しめます。
勝敗を決めるゲームですから相手と競う楽しみがあります。
爽やかな季節にテニスで汗を流すことは、きっと健康にもいいに違いありません。
テニスボールを追うことで無心になります。
社交場としてテニスコートで気の合う仲間と世間話に興じられます。
つまり、テニスは身体を動かし、汗をかき、ストレスを発散することが
できるわけです。
あまり、勝負にこだわらなければ、楽しくテニスができ、そのこと自体、生き甲斐となることもあるでしょう。
テニスはシングルスとダブルスがあります。
ダブルスは男女で組むミックスダブルスもありますが、和気あいあいと楽しめれば、これが最高かもしれませんね。

脱毛時の痛み

脱毛時の痛みについてですが、これはどの脱毛方法を選ぶのかによっても違いますし、個人で感じ方も違っているので、一概にはいえないのですが、一般的に、光脱毛は痛みがないといわれています。そしてレーザー脱毛はやはり痛みがありますが、痛みを表現するならば、ゴムではじいた程度の痛みとのことです。また人によっては揚げ物で油が皮膚にはねた熱さと表現する人もいます。
光脱毛の場合は、レーザーよりも出力が弱いので痛みは少ないです。
ちなみに脱毛の中で一番いたいのは、ニードル脱毛です。ニードル脱毛が一番痛いのではないでしょうか。やはり針を毛穴一つ一つに刺していきますので、その痛みはかなり強いでしょう。脱毛の痛みに耐えられない人もいるので場所によっては、麻酔をしてもらえることもありますから、医療機関での脱毛なら相談してみるといいでしょう。

冬場は納豆がベスト!

寒くなってくると、あっちでコンコン、こっちでコンコン、風邪引きさんが増えてきます。
単なる風邪なら、まだいいですが、中にはインフルエンザや肺炎という人も…
冬は全体に体調を崩す人が多いものですが、場合によっては命に関わる症状を訴える人もいます。
例えば、心筋梗塞や脳梗塞などの、即、命に直結する病気が増えるのも寒い時期の特徴です。
こうした血栓性の病気については、危険度が非常に高いです。
だから、こうした病気の予備軍だと言われている人たちは、真剣に予防に努めるべきですね。
先日、こうした疾患の予防に納豆が有効という話を聞きました。
納豆は基本、好きですし、何と言っても、安いです。
身体にも、ふところにも優しい食品です。
これなら毎日でもOKですね。

脱毛エステ体験

先日脱毛エステに行って来ました。
家の郵便受けに、「通常1時間 5000円、しかしこのチラシ持ち込みの方に限り初回1000円」と言うようなチラシが入ってたんですね。
家の近くの横浜のサロンに行ってみました。
横浜の脱毛エステ情報の詳細
で、行ってみましたよ。
レーザー脱毛って言う事で、どんなものかなとドキドキしたのですが、結構しんどかったです。
一本一本のチクッチクッって感じが、痛いのなんの!
多分刺青入れてる時ってこんな感じなのかなって思いました。
何度も繰り返されるうちに頭が狂いそうになっちゃって、待って待ってと何回か施術の中断をお願いしましたよ。
いやあ、どうなる事かと思ってしまいました(笑)
脱毛は無事に出来たんですけど、この痕も赤い跡とヒリヒリ感が暫く続いたんで、正直もう行きたくはないです…

出産し、子を授かること

出産は、女性にとっての結婚以上の人生の一大イベントとされています。
まさに女性としてこの世に生を授かった証と言っても過言ではありませんね。
今、世の中は深刻な晩婚化で、子供の人数が激減して行っています。
しかし、どんな状況にせよ女性が出産を望んでいると言う事実はあるようです。
実際「仕事だから」と口に出していても、心の奥底は皆そのように思っていると言う事は、本能的にも間違いないと言う意見もあります。
ですので、やはりそこはパートナーとなる男性がしっかり汲み取ってあげるべきですね。
女性は出産したいと言う気持ちがある事を意識しながら、男性は、自分の任意をまっとうしていきたいものです。
出産をし、子を授かることは、そのくらい大切な事なのです。

小さな愛

私は学生の頃、バイト先で、その時付き合っていた彼女と共に、ある夫婦に可愛がって頂いたことがあります。
実は奥さんはALSでした。
残念なことに奥様はまもなく亡くなりました。
しかし私たちは、愛する人と一緒にいる時間とは、本当に尊いものと深く感動しました。
闘病中も一分一秒を大切にする二人を見て、終焉が迫っていても、それを怖れない勇気、愛する人に対しての真摯な愛にうたれました。
その夫婦は、おたがい、何をしてあげたい、何をして欲しい、そんなことはまったく意識していないといつも言っておりました。
私たちカップルが奥さんのお見舞いに行った時のこと、奥さんが言った一言は今でも忘れられません。
「大きな愛なんていらない。小さな愛があれば生きていけるの」
残念なことにその時の彼女とはその後、お別れしましたが、二人、別々に家庭を持っている、今でも奥さんの言葉は、心にしっかり刻まれていると信じています。